離婚弁護士の選び方
2018年9月30日

債務整理を弁護士または司法書士に依頼するには

お金を返済できなくなって、債務整理を考えているのですが、弁護士と司法書士のどちらに頼めばいいのでしょうか。

これはどちらでも構わないのですが、どちらに頼むかによっていくらか異なる点もあります。まず弁護士の場合は、相談料が30分間で5400円必要になります。もっとも最近では、無料で相談に乗ってくれる所、あるいは初回限定で無料という所も多くなっています。一方司法書士の場合は、相談料は事務所によってあったりなかったりしますので、事前に確認を取っておくといいでしょう。また司法書士に頼む時は、借入金額が140万円までの場合に限られます。

相談をする場合は、まず弁護士、または司法書士の事務所に予約を入れて、指定の時刻に遅れないようにしましょう。その際には、契約書や取引履歴など、借り入れ状況がわかる書類を持参すると便利です。契約がまとまれば、受任通知を債権者宛てに出してくれます。これが先方に届いた時点で、督促が来なくなりますので、あとは指定された書類を揃えて、早めに提出するようにしましょう。

また、いわゆる闇金を利用した場合には、それ専門の弁護士または司法書士に依頼することをお勧めします。闇金は違法業者ですので高金利で、しかも取り立てが厳しく、自宅や職場にも来たりするので有名です。また、通知を出してもらったにもかかわらず、何度も取り立てに来ることがあります。そのような場合は、何度でも弁護士や司法書士に相談をするようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *