離婚弁護士の選び方
2018年9月30日

弁護士の無料相談と費用の立替制度

借金の返済や相続問題、交通事故、犯罪被害など、生活のなかでおこってしまったさまざまな法律上のトラブルについては、個人の力で解決をめざそうとするにも限界があります。

こうした場合には、すみやかに近くの弁護士事務所を訪れて、法律のプロである弁護士による法律相談を受け、適切なアドバイスをもらうことが不可欠となります。しかしながら、弁護士にこうした法律相談をするにあたっては、所定の相談料が必要となりますし、実際に事件の処理を依頼するという場合は、さらに着手金や報酬金などの費用がかかります。

こちらの着手金や報酬金などの費用については、たとえば借金に関して訴訟をするのであれば、その訴える金額に比例して違ってくることになりますが、それなりに大きな金額であるため、もともと所得が少ない人は、裁判を受ける権利さえも不当に制限されるということにもなりかねません。このように、経済的に余裕がない人であっても司法にアクセスすることができるようにと、特別な法律により、日本司法支援センターとよばれる組織が設立されています。

この組織は法テラスともよばれており、全国各地に事務所をもち、弁護士の無料相談なども可能となっています。さらに、世帯の所得状況などについての事前審査はありますが、もし低所得世帯として認定された場合には、弁護士費用を立替払いしてもらえる制度もあるため、金銭的な負担から裁判などによるトラブル解決をあきらめる前に、ぜひ利用したい制度です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *