離婚弁護士の選び方
2018年10月6日

相続を弁護士に依頼するメリット

相続は、弁護士や税理士、司法処理、行政書士などに依頼することができます。

弁護士に相続を依頼するメリットとして、法律上、争いがある事件の処理は、弁護士しかできないようになっています。多少なりとも遺産の分け方について意見が異なる場合、言い分の違いを調整し、解決させ書面に残すには、弁護士しか許されていません。そのため、他の士業に依頼した場合、相続人のあいだで意見が異なった場合、改めて探す必要が出てきます。また、相続人の調査や財産の調査、関係図の作成など、日常業務の中で行っているため、手際よく行ってもらえます。

各士業の領域にまたがった手続きが必要になることがありますが、それぞれの分野に熟練した専門士業を関与させることも大切です。専門士業に任せることで、争いになった場合を予測し、対応します。放棄する場合は、3ヶ月以内に家庭裁判所に行ったり、戸籍などの必要書類を揃える必要があります。他にも、故人の除籍謄本や住民票の除票が必要です。

故人の戸籍謄本の取得だけでも手間がかかります。また、放棄する場合にいは、第2順位や第3順位も一緒に放棄手続きを行わないと、他の親族が借金を負うことになる場合があります。放棄するためには、借金の調査が必要となってきます。利息の払い過ぎがあった場合には、過払い金が発生している場合もあるため、その場合には、過払い金の請求となります。素人では、判断がつかないため、専門家である弁護士に依頼したほうが安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *