離婚弁護士の選び方
2018年11月6日

相続の悩みなら弁護士におまかせ

相続は親族間でのトラブルを招きやすい機会です。

お金や不動産などの財産がからんでくるため、それまでは問題の無かった人間関係も、相続をきっかけにぎくしゃくしてしまうことはよくあることです。トラブルの無い円滑な相続を実現するためには、争いの種となるものを事前に排除しておくことが重要です。もっとも有効な方法としては、遺言書を作成しておくことがあげられます。

ただし遺言書は一定の様式を満たしておかなければ効力がありません。間違いのない遺言書を作成するためには、専門家である弁護士の力を借りるのが無難でしょう。また、相続に関して弁護士に相談したほうがいいのは、なにも遺言書に関することだけではありません。弁護士には遺言の執行や相続手続きの実行なども依頼することができます。当事者だけで遺産分割の協議をする場合は、感情的になることもあり、なかなか話がまとまらないことも考えられます。このような場合に、専門的な知識を有する弁護士が交渉をリードすれば、スムーズに手続きを進めることができるのは言うまでもないことです。

日常の生活ではあまり縁のない弁護士ですが、法律上のトラブルを招く恐れがある機会には、非常に頼りになる存在です。費用の面で心配する人も多いかもしれませんが、依頼しないで深刻な事態を招いてしまうよりは、多少の出費を覚悟してでも専門家の力を借りたほうがいいケースもたくさんあります。少しでも心配なことがある場合は、迷うことなく相談してみましょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *