離婚弁護士の選び方
2018年11月18日

子供たちが争わないためにも弁護士に遺産相続の相談を

よく遺産相続の問題で、親族がもめ事を起こす話が雑誌やテレビなどで取り上げられていますが、このような争いは多額の遺産があるからだと、一般の人は想像しがちです。

ですが、遺産に関するもめ事は、決して他人事ではありません。遺産が少ないからこそ、できるだけ自分の取り分を増やそうと、言い争いになることは意外にもよくあることです。遺産の多い少ないに関係なく、スムーズに分割を終えるためには、相続問題のエキスパートである弁護士に依頼をするのがおすすめです。最近の弁護士事務所は無料相談に応じているところが多いため、困ったのなら迷わず助けを求めるのがよいでしょう。

遺産を分割する際に、例えば夫婦のどちらかが死亡した時は、自動的に夫や妻が受け取る例が多く、周囲も納得しやすいため、家庭環境が特別でなければそれほど問題にはなりません。問題になるのが両親が死亡し、子供たちだけになった時です。遺産の取り分に関わる問題も当然ありますが、平等に分割しても、兄弟では親に対する考え方やどれほど世話をしたかによって、互いの意見が食い違うことがよくあります。

親はどちらも自分の子供だからと平等に扱いますが、兄弟同士では感情が異なります。子供たちが争わないためにも、生前に弁護士に遺産相続に関する依頼をし、分割方法を決めておくようにしたいものです。弁護士なら法律を基準に、数ある事例や家庭の事情を総合的に判断して、最適な遺産相続の方法をアドバイスしてくれます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *