離婚弁護士の選び方
2018年11月21日

相続問題を避けるために弁護士に依頼するタイミングは

相続は親族間で争いが無ければ問題無いのですが、実際はもめ事に発展することがよくあります。

特に一定の人に相続をさせたい、相続分に差をつけたいという場合は、トラブルになりがちです。そこで相続に関わる問題を避けるためには、生前から弁護士に相談しておくことが大切です。トラブルを避けるためには遺言書を残しておくのが最適ですが、この遺言書についても様式が定められており、一定の様式を満たしていない場合は遺言も無効になってしまいますので、専門家にきちんと依頼したほうが安心です。

また相続人のなかにトラブルを招きそうな人が含まれている場合は、弁護士を遺言執行人に指定しておくのも有効です。遺言執行者とは遺言の執行を実際に執り行う人のことです。遺言書が残されていても、それが確実に執行されなければ意味がありません。専門的な知識を持ち、しかも第三者的な立場である弁護士を間に入れることができれば、遺言の執行がスムーズに進むことはいうまでもないでしょう。

感情的になりがちな人達ばかりでは、話し合いもまともにはできません。冷静な判断ができる人がいれば、無用なトラブルを避けることができるのです。自分の死後に親族同士で争いが起こるのは、誰も望んではいないものです。しかし現実はそう甘くはありません。争いを避けるためにはそれなりの準備というものが必要なのです。そういう意味では、弁護士に依頼するタイミングは思いついた時にすぐというのがベストなのかもしれません。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *