離婚弁護士の選び方
2018年11月24日

遺産相続に有効な遺言書作成は弁護士に依頼すれば安心

子供たちがいるから後は何とかするだろうと、遺言書を残さずにいる人がいますが、何も決めないまま資産を持つ人が亡くなると、子供ばかりでなく、兄弟などの親族を巻き込み、残された人たちの間でトラブルになりがちです。

特に土地を複数所有していたり、借金を抱えていた場合には、遺産分割が複雑になりますので、まだ元気なうちに弁護士に遺産相続に関する相談をして、遺言書の作成を済ませておくと安心です。あまり資産を持たない人でも作成しておくと、残された家族に迷惑をかけないでしょう。遺言書は自分で作成することもできますが、不備があると無効になる場合がありますので、遺産相続に詳しい弁護士のアドバイスに従い、作成するのが望ましいです。

遺言書を誰もが知っているような場所に保管をすると、どこかに無くしてしまったり、書き換えられるなどのトラブルが発生しやすいため、厳重な管理が必要であるのも弁護士をすすめる理由です。自分で作成する方法の他、より確実性の高い公証人役場に保管する公正証書遺言や、誰にも見せたくない遺言書を作成する秘密証書遺言の方法なども、丁寧に教えてくれます。

遺産相続は各家庭で考え方や生活、家族構成の違いなどもあり、多種多様な方法がありますので、実績のある弁護士に依頼すると、事例や法律をもとに適切な遺産相続のやり方を行ってくれます。費用は当然掛かりますが、依頼内容によって変化しますので、その点については事前によく質問をしておきたいところです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *